PR

引越しと断捨離は切っても切れない=メリットだらけ

記事内に広告が含まれています。
広告

よこもです、皆様ごきげんよう。

今の部屋に引っ越して、1ヶ月が経ちました。
自分が落ち着けるまでの掃除(先住者の汚れ)は、まだ半分残っていますがこれは少しづつ片付ける。
優先順位は、

  • 1.仕事
  • 2.友人と会う&アウトドア(=ストレス発散&パワーチャージ)
  • 3.断捨離
  • 4.掃除

としています。
引越しで、ここに至るまでは大変でした。それはもう遊ぶ時間も気力もないほど。
で、新しい(古いけど)この部屋に移って、ようやくいろんな余裕が少しだけ出てきました。

遊びたい。
仕事も頑張らなくちゃ。
自分磨きもしたい。

で、断捨離して更に荷物を減らしたいのです。

引越しと断捨離は切っても切れない=メリットだらけ

もうこの年になると、終活に向けて動き出しています。
棺桶に持っていけるものなんて、何も無い(灰になるだけ)。
モノが多いと、それだけで脳のリソース=判断回数が増えて面倒くさい
アップルの創業者が、『毎日着る服で悩む時間と脳が勿体ない』と同じ服をきているのは有名な話ですが、よこもも同じ考えです。

捨てるか取っておくか、どこにしまうか、はたまたアレどこにしまった?と探しまくる時間。
50歳を超えると記憶力も低下して、物を探す時間が増えたこと!
ああ、この時間もったいない!と自分に腹を立てる始末。
ましてや引っ越しとなると、荷造り&荷解きでダブルで大変。
だから引越しのためにも、自分の人生の時間のためにも断捨離は大切だと思ってます。

断捨離をするメリット

引越し前に断捨離をするメリットは山程あります。

  • 荷造りが、とにかく楽ちん。
  • 自分の人生にとっての優先順位=本当に大切なものの再確認が出来る
  • 押し入れを開けても、何がどこにあるか一目瞭然
  • 更に断捨離したくなり、プラスのループが加速する

順番に解説していきましょう。

断捨離すると、荷造りがとにかく楽ちん

これはもう、皆さんもイメージしやすいかと思います。
引越しの時ってとにかく荷造りが大変。
大して使っていないモノなのに、いちいち梱包しなくちゃいけない&荷解きも大変。
しかも大して使わないものだから、新居でもどこにしまうか悩みます。

よく使うものは、考える間もなく、一番手前の取り出しやすいところに置くはず。
でも、大して使わないものは?
ほとんど手にしないから、奥にしまおうとするけど、どこにあるかわかりやすくしておきたい。
そして、いざという時には取り出しやすくしておきたい。
これが意外に厄介で、決めるのに時間がかかるのです。

すぐ使う洗濯ばさみ、ドライヤー。
毎日使う鍋やフライパン。

これらって、どこに収納するか、よこもはそんなに悩みません。
それよりも年一回しか使わないであろう飾り物やめったに着ない服。
たまにしか使わないカバンやアルバム。

こういったモノって、大して使わないくせに収納場所をすごく考えてしまう
この時間が勿体ない!

人生は有限です。
自分の人生の時間は有効に使いたい。
そんな事考える時間があるなら、コーヒー飲んでゆったりする時間の方がよっぽど幸せ。
そう感じるようになってから、断捨離しまくってます。

ちなみによこもは。

  • 学生時代の卒業アルバム
  • 元カレの写真など
  • 家電の取説類
  • おしゃれ着や家電類

など断捨離して持っていません。

自分の人生にとって大切なものがわかる

ここで宣言しましょう。

断捨離とは、自分の人生の宝物探しです!

よっしゃ、言い切った!

そうなのです。断捨離をしていく事で、自分の人生にとって何が大切かがわかってくる。
つまり自分の宝物探しなわけです。

断捨離をしていく中で、捨てやすいもの、捨てにくいものがわかってきます。
よこもの場合、

  • 服や鞄、靴などは割と簡単に手放せた。
  • 取説など、年に一回も見ないものは速攻捨てられる(今はネットで型番検索で取説が見られます)
  • 元カレの写真も、簡単に手放せた(笑)
  • 逆に手放せないものが、食器類、骨董類。

こうして断捨離していく事で、嗚呼私って、やっぱり食べることが好きなんだな、とか趣味の時間は最優先なんだな、とか、服も靴もきやすさが最重視なんだな等、自分にとっての大切なの=宝物がわかってくるのです。

これって、生きていく上で何を最重視したらいいかわかるので、すごく大きなメリットだと思ってます。

あなたの押し入れは、開けると一目瞭然ですか

今回、荷物を減らしに減らして。

人生最小限の段ボール8箱になりました(服のプラスチックケースは別で3箱)。
押し入れは一間分。つまりふすま2枚分だけ。
でも、その押し入れもまだ余裕があります。
なんせ次の引越しのための段ボール箱が6箱分、プチプチ(緩衝材)が1箱分入ってますから。
それでもまだ少しだけ余裕があります。

押し入れを開けたら、どこに何が入っているか一目瞭然。
開けても気持ちいい収納空間です。

更に断捨離したくなり良いループが加速

こうなると、探しものをしたり取り出す手間が減ってストレスフリーで、更に減らしたくなります。

アレも全然使ってないな、よし減らそう、とか
もっと探しやすい収納空間にしよう!とか、
えぇい、悩んでたアレも手放しちゃえ!など
モノを持ってることで心が重くなると感じられるようになるから不思議です。

まとめ:引越しは断捨離の絶好のチャンス

引越し前で、モノが多いと全部捨てたくなるのはよこもだけ?

もう荷作りが大変で全部捨てたくなる!と、昔は自分にキレそうになってました。
でも実際、期限が決まってるのに片付かないと、悩んでたものさえ『もう捨てよう』と思えるので引越しは断捨離の絶好のチャンスだと思ってます。

モノが減ると心と人生が軽くなる。

サラッと名言を吐いた所で、今日はこの辺で。

皆様も、ぜひ断捨離してみては如何でしょう。
終活も楽になりますよ~。

よこもでした。

コメント

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました