PR

老後資産を形成するためにすべき事・老後計画は2つに分ける!

広告

老後資産を形成するために老後の生活費を試算する

皆様ごきげんよう、よこもでございます。

先日書いた この記事。

リスク許容度を考えて早めに新NISAに積み立てる
今はできるだけ現金を早めに新NISAに積み立てたい 皆様ごきげんよう、よこもでございます。 退職金もないし、年金も基礎年金だけのよこも。老後に必要なのは、やっぱり2,000万円。 で、いつものシュミレーションをしてみました。 こちらは、三菱...

自分で老後資産を計画していくうちに、ある大切な事に気が付きました。

老後資金を65~75才までと75才以降に分けて試算する

これまでは、65歳から95歳(←念のため)まで一括で老後資産を計算していたのですが。
考えていくうちに、2つに分けて計画する方が現実的だな、と思いました。

  • 今から65歳までは、老後資金を貯める時期(現役)
  • 65~75歳までは、収入が下落→貯金切り崩し&パート収入で生活(セミリタイア)
  • 75歳~は、年金とNISAを切り崩しながら生活(完全リタイア)

これで試算を出し直しました。

とにかく65歳までは、なるべく早くNISAでオルカン一択投資する。
いわゆる貯蓄時期です。働けるうちに稼いで貯めておこう、と思ってます。

新規入会&利用でポイント進呈
楽天カードの新規入会特典ご案内ページ。楽天カードは年会費永年無料。ポイントを貯めたい方におすすめのスタンダードなクレジットカードです。24時間いつでもカンタン申し込み、ETCカード追加付帯可能

65~75才が一番生活がきつい併用期と予測

65歳で今の仕事は、一旦ペースダウンor退職と考えて。
65歳からはパート収入で、無理のない程度に働こうと思っています。

が!

実はここが体力的にも金銭的にも、一番きついんじゃないかと予想しています。

65歳から75歳までの収入目標は、一ヶ月15万円収入
それと現金貯金を毎月6万円づつ切り崩しながら、75歳まで生活する。

こうすれば積み立てているNISAを切り崩すことなく、働けなくなる老後までに資産を増やせるかと思っています。

ただ75歳の時に現金貯金が0円でも心配なので、現金も少しは残しておきたい。
なので65歳までと、65~75歳の10年間にどれだけ稼げるかが鍵だと思っています。

75歳からが本格的な老後生活と考える

75歳からが、本格的な老後生活と考えています。

体力的にも社会情勢的にも、どれだけ働けるかわからない。
なので75歳以降は、基本働かなくても生活できるだけの資産が必要と思っています。

まずは年金。

年金は2024年現在、年金受給は65歳からですが、よこもが受け取る頃には70歳に引き上げられてるかもしれないので、それも想定して75歳まで繰り下げようかと。

長生き出来そうにない?と考える方は、貰える時に貰っておいた方が得策だと考えます。
ですが私は有り難いことに健康体なので、年金は繰り下げ受給しようかと思っています。
繰り下げ受給すると、受給額が約42%UPするのです。

早くに受け取って、それを資産運用(優良株投資とか?)に回す方法もありますが、よこもにはその技術はありません。
早くもらえたとしても、65才からNISAでは膨らませて成長させるには時間が足りないですし(基本、最低でも15年は保有した方がいいと言われています)。

パート&現金貯金を切り崩してなんとか75歳まで生活できれば、75歳以降は年金受給額をUPして受け取りつつ、75歳以降からNISAを切り崩せば

NISAの投資額も増えているだろうから、安心して老後が暮らせるかと。

こんな風に計画を見直しました。

まとめ・老後の資産計画に、正解はないと思う

これは、あくまで私の老後の資産計画です。

  • 健康体で何歳まで稼げるのか。
  • そもそも貯金はいくらあるのか。
  • 年金受給年齢を繰り上げ、繰り下げした方がいいのか。
  • リスクマネジメント、現金貯金、投資の配分はどれがベストか

人によって、正解と言えるものは全く違うでしょう。
だからこそ、不安になる。

でも、だからこそ余計に毎月の生活費の予算計画が、必要になってくると思います。

今、これで計算したよこもですが、また定期的に見直ししようと思います。

よこもでした。

コメント

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました