PR

固定費を下げるための新居決定!

スポンサーリンク
記事内に広告が含まれています。

突然ですが、よこもです。皆様ごきげんよう。

昨日の今日で、の話ですが、よこもは新居を決めました。

80点合格ラインで新居を決定

かなり物件を見ました。トータル15件は回ったでしょうか。それ以上かな?

ほぼ希望通りの内容でした。

  • 2階で窓が2つ、キッチンとトイレにも窓がある
  • 駐車場無料
  • フローリング&畳の二部屋
  • 室内洗濯機置場
  • 押し入れは一間

窓からの眺めもまあまあ。

ちょっとだけ残念だったのが、

  • プロパンガス(これは非常に残念)
  • 台所の蛇口が水とお湯の2つの水栓(左右でそれぞれ出して湯温調節)
  • ガラス窓が一重で障子あり(絶対破く・・・)

ですが、敷金礼金不要、仲介手数料、保証会社登録不要、共益費なし、そして更新料なし!24時間サポートなどの不要な契約なし!と有り難いことづくめなので、決めさせて頂きました。
大家さんがめっちゃいい方だったのも、大きな決め手となりました。

もちろん、街の小さな不動産屋さんで不動産屋の社長の持ち物件だったので、これらが全てなし。
全国ネットの不動産仲介業者では、出来ないことですね。

特に更新料なし、はありがたいです。

最近は、

  • 保証会社は必須
  • 暮らすコンシェルジュやら24時間サポートで月額1,100円などかかる
  • 家賃の引き落とし手数料で別途550円
  • 火消ッシュ(消火剤)など5,500円、契約時に購入を義務付けられる

と、家賃や共益費以外でも毎月あれこれかかったりしますので、これが馬鹿にならない。

火消ッシュは自分で格安購入できる

因みに、火消ッシュなる消火剤を契約時に購入させられますが、これは自分でネットで購入できます

契約する前に『有効期限がしっかり残っているものを持っています』と仲介業者に言えば、よこもは断ることが出来ました。

ネットで2,000円前後でも、不動産屋では5,500円もしましたから。事前確認で、この辺りは少しでも安く済ませたいものです。

引っ越しを安く上げる方法

よこもには大家産業をしている友だちがいるので、お得ポイントや、引っ越しを安く上げるコツを教えてもらいました。

  • カギの交換不要(先住者が合鍵を持っている可能性もありますが)
  • クリーニングの際にリクエストできる。例:フローリングのワックスかけなど
  • 畳の交換不要(新品で入居できない分、出ていく時に畳代を請求されない)
  • 入居前の消毒を断る(クリーニングは必須ですが、これは断れます。喉が弱い、アレルギーがあるので等言うと承諾してもらえることも多いです。実際よこもは喉が弱いので。)
  • 家賃交渉
  • 家賃交渉がだめでも、入居月を一か月フリーレント

全部は無理でも、結構この辺りは契約前にお願いすれば、OKしてくれる不動産屋は多いです。

それと火災保険は、自分で加入する旨を伝えましょう。

契約時に加入させられる火災保険は、余計な特約が多数ついて高額になっていることが殆です。
自分で加入すれば、約半分の契約料で済みます。

まとめ:家賃以外でも契約時に安く済ませるコツがある

家賃以外でも、共益費、その他々毎月かかる手数料をきちんとチェックしないと、最近は色々ついていることが多いので注意が必要です。

契約書にサインをしてしまうと、『もう承諾して契約書にサインを頂いてますから』で終わりです。

必ず、入居時・退去時にかかる費用などをしっかりとチェックしましょう。

古い部屋だけど、きれいに磨いて心地よく暮らそっと。

よこもでした。

コメント

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました