PR

驚くほど当たる占い師に鑑定してもらう=介護方針決めました!

記事内に広告が含まれています。
広告

皆様ごきげんよう、ヨコモでございます。

早速ですがタイトル回収。

自分の住まいと実家で介護の二拠点生活始めます

まだこの家に引越して、1ヶ月ちょっとしか経っていませんが。

母が緊急入院&手術で、これまでと同じ生活は無理と思いますので実家に帰るか悩みました。
趣味の山歩きで山菜採り、何より大自然が大好きで今の地に引越してきたのに実家に戻るのは辛すぎる。
でも、大好きな母のために後悔のないように出来ることはしたい。
どちらも同じくらい大切なので、悩みまくり。
加えて姉妹とは、揉めて決裂。絶縁の希望を言い伝えたほどです。
返信のLINEも読む気にもなれず、開けていません。今は自分の心身状態を保つのに必死ですから。
それより何より、母をどうするか。
そこで、口コミで当たる!と評判の占い師さんに、相談しました。

恐ろしいほど当たる占い師さんは、こちらの状況も加味してアドバイスをくれる

親友に紹介して頂いた、占い師さんの『ゴロンママ』さん。
直接会うと、邪気を受け過ぎてしまうほど勘の強い方らしく、鑑定はLINE通話もしくは電話のみ。
状況を説明し、悩んでいること、どちらの選択肢がいいかなどを聞くとタロットで占って下さいます。

これが、恐ろしいほどに当たるのです。
親友にさえ話していない、理解されていない事などサラッと口にしてしまう。

え?なんで分かるの?知ってるの??と思わずにはいられない。

今回は二回目。

もちろん最重要課題になっている、母の介護の相談です。

タロットカードが、言いたいことばっかり勝手に何度も伝えてくる

ゴロンママさんは、タロットカードで占って下さいます。

実は失礼ながら、タロットカードってそんなに信じてなかったんです。
私の中では、その時の状況をカードが伝えるだけで各個人個人のオーラとか運命とかを見抜くわけじゃないし、的な解釈でした。

それがそれが。

ゴロンママさんが見てくれるタロットは、半端じゃない。
現状況、今後にすべきこと、そのヒント、今後にどうなっていくかの形など。
ガンガン伝えてくれます。

カードを引きながら、

ゴ:『えぇい、もううるさいな。勝手にカードが自分の言いたいことばっか言うてくんねん。』

とぼやいてました。

ゴ:『何回引いても、って出るよ。脚に関連する仕事が向いてるわ。
歩く、健康法、歩き方や姿勢、ネットビジネスよりも実践で集客してビジネスに繋げる、って出てくるわ。』

母のことは勿論ですが、友達のいない過疎化の進んだ田舎に帰って仕事はあるのか。
人脈は、出会いは。
そして運命のパートナーとの出会いはあるのか。それは介護で遅れるのか。
実家に帰って、出会いは遠ざからないのか。

それらもサラッと答えて下さいました。

実は、姉妹との絶縁までのやり取りや、ここに居たい気持ち、母への愛情と介護。もう頭と感情がぐちゃぐちゃで、仕事中も帰り道も泣きながら家に着いて。
どれもが大切で、取捨選択がしきれないほど手放し難かったのですが、ゴロンママさんに鑑定し相談してアドバイスを頂いたら、すべき事がはっきりと決まり、モヤが取れたように頭と心がスッキリしました。

ヨコモに出た鑑定=今後の方向性とは

今回のタロット占いの鑑定で出た、今後の答えは以下の通り。

この地と実家を半分づつ暮らす。1ヶ月単位など。

本当は帰省を勧められたが、この地に未練があるし、私自身の幸せはこの地に住むことだから、と話すと理解して下さって『最終的には貴女が家や祖先を守る形になるけれど、ヨコモさんの人生だって大事ですもんね。』と理解して下さって。まずは二拠点生活してみたら?とアドバイスして下さいました。

脚に関する仕事を広げていく。

Xやインスタ、ブログなどで、と言われてびっくり。
今回の母の脚力の衰えから、老化は脚からくる、脚が弱ると生活全てが弱る!と痛感し健康作りを一環にしようとしていた矢先なので。

ヨコモを助けてくれる人は、実家の方が出会える

ヨコモの実家は過疎化の田舎町なのですが、いい人脈が広がっていくそうです。

運命のパートナーは、介護云々関係なく出会えるし時期が遅れることはない。

でも今じゃない。イメージし続けることは大切、それで引き寄せてくるから、と。

まとめ:未来の結果はわからないけれど現時点で心が解決してる不思議

今回言われた鑑定アドバイスが、いい方向に行くという意味で当たるのか、先のことは今はわかりません。

ですが、過去のこと、今の事は恐ろしいほど言い当てられます。
悩み事がある方にはお薦めです。占いですから、保証は出来ませんが少なくとも私はあれほど落ち込んで悩んでいた事が解決して、スッキリ晴れ晴れです。

今、現状は何も解決したわけじゃない。
だけど、悩んでいた選択肢に対して納得できる形で決めることが出来た。
だから、現状は何も解決してないのにスッキリ晴れ晴れ、まるで全てが解決したかのように、心が軽くなっているんだから驚きです。


55歳、バツあり認知症の親の介護付きのヨコモにも、まだ素敵な出会いがあるそうです。
それだけで頑張れる気になれます(単純思考)。
結果、出会えなかったとしても、すでに今の人生に納得はしていますが。
それでももし、出会えるんなら嬉しいです。

それより今は、母の介護に全集中。

と思っていたら、早速釘を差されまして。

ゴ:『全部一人で抱え込まないようにね。家族、行政、他人。頼れる人に頼って甘えて、自分から手伝って!と発信するように。』

と言われました。
姉妹なんか当てにせず、私だけでやってやる!と思っていたことさえお見通しのようでした。

そして、どこにいても収入が得られるノマド的生活が送れるように、仕事の自立も頑張ります。

二拠点生活が、介護が、どれだけ大変かなんてやってみなければわからない。

ゴ:『あれこれ考え込まずに、まずは動き出してみて、壁にぶつかったら途中で軌道修正するくらいの感じでね。』

・・・それも既にお見通しのようで。

ハイ、人からのアドバイスは、素直に聞くのが一番と思ってますので。

頑張ります。

ヨコモでした。

コメント

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました