PR

モノのために家賃を払わない=断捨離してます

スポンサーリンク
記事内に広告が含まれています。

引っ越しを検討し始めてから、断捨離に加速がついたよこもです。
皆様ごきげんよう。

モノのために家賃を支払う事はやめよう

モノが多いと、収納が多い部屋を選ばなくてはいけない。それだけで家賃が高くなります。

つまり、モノのために高い家賃を支払う、という現実。結構そういう人が私の周りでも多いです。
よこもは、今が人生で一番モノが少ないと思います。

断捨離を始めて、はや10年。

今度の引っ越しのために、

  • ちゃぶ台
  • 骨董の本棚
  • パネルヒーター
  • 漆器たくさん
  • 骨董の食器もたくさん
  • カシミアのストール
  • 山道具&キャンプ道具
  • 部屋着
  • 雑貨いろいろ

これらのものをメルカリで売りました。

でも、まだまだ売りたいものがあります。もっと減らして引越し時には、

  • ダンボール7個と洋服のプラスチックケース2つ
  • 家電の冷蔵庫と洗濯機、トースター、ストーブ
  • ダイニングテーブル&椅子

だけにしたいと思います。

部屋にいる時間とものを収納するための家賃効率を考える

昼間は仕事で不在の部屋。

でも、モノが多いとその為に家賃を払っているようなものです。

寝てる時間を省いたら、家にいる時間って一日何時間?と考えました。

よこもは、平日なら5~6時間でしょうか。
そう、殆ど不在の時間のために高い家賃を払うのはアホらしい。そう思って断捨離をはじめました。

人は2割のモノを、8割使って生活している

つまり8割の余計なものは、一年の中でも2割も活躍していない。

これって凄く無駄やん!って思ってから、手放すようにしました。

物が減って選択肢が減ると、脳のリソースが増える

人間の脳は、一日に判断できる回数が決まっているのだそうです。だから余計なことに、脳の判断回数を使いたくない。

毎日着る服しかり、部屋の中のものを探す事しかり。

選択肢は少ないほうがラク。年をとると尚更、です。

今から更に、ダンボール2つ分の品物を減らそうと思っています。

引っ越しする時には、最終どのくらいの荷物になるか。
自分でも楽しみにしていますが、ここで報告しようと思います。

よこもでした。

コメント

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました